Crystal Decoration Collection 2018 -Playing with animals!- 対象商品ポイント10倍キャンペーン

7,000円以上のお買いものでもれなく全員に【ドッグタグプレート(小)】をプレゼント!
みんな大好き!アニマル柄

様々なアイテムに用いられるアニマル柄には
大人も子供もみんな笑顔になる不思議なチカラがあります♡

CRYSTAL DECORATION COLLECTION【Playing with animals!】では宮崎アンバサダーと星野アンバサダーに
遊び心いっぱいの、ほっこりアニマルレシピをご紹介いただきます。

  • 立体くまさんストラップ
  • おさかなピルケース
  • お昼寝パンダの箸置き
  • 北欧テイスト♡カードケース
  • フレンチブル☆ミラー
  • CATなUVカットアームカバー

立体くまさんストラップ

立体くまさんストラップ コロコロくまさんがキラキラ☆

Recipe

●ボールモルド30mm ●ヒートン(大) ●ボールモルド 12mm×2つ ●カニカンストラップ(ゴールド)
●基本セット
●アクリル絵の具セット ●やすり ●丸カン ●平ペンチ
●スワロフスキー®・クリスタル #2058/#2088
・トパーズ   SS5×100粒、SS7×40粒、SS9×200粒、SS12×28粒
・ジェット   SS3×8粒、SS12×1粒、SS16×1粒
・ライトローズ SS5×6粒、SS7×10粒、SS9×10粒、SS12×8粒

Miyazaki's comment!

1

1

まずは30mmのボールモルドにヒートンを接着剤でつけます。

2

2

混ぜたての接着剤だとズレるので、接着剤を混ぜてからしばらく時間をおいて、少し硬くなってきたら耳になる12mmモルドを貼ります。ズレないよう固まるまでしっかり見ていてください。

3

3

30mmボールモルドのバリ?のようなものはデコ時にジャマになりますのでやすりで削りましょう。

4

4

アクリル絵の具でストーンに合わせた色を作り、塗ります。顔はストーンで表現しますので、ベースカラーと耳の中の色だけで構いません。

5

5

耳のつけねのくぼみ部分(谷)を後にすると、先に貼ったストーンの厚みで、くぼみ部分の接着剤がとても塗りづらく、汚しやすくなりますのでくぼみから外へ向けて広げるような順番に埋めていきます。

6

6

耳付近のストーンがある程度固まったら、作業中断の際は耳を下にして置くようにするとストーンが流れてズレることが少ないです。

7

7

顔部分は一気に面塗りして、ジェットのストーンで顔を作り、接着剤が固まらないうちに一気にその周りも埋め尽くします。顔だけ点塗りで貼り付けてしまうと、間の接着剤が塗りづらくなるので必ず一気に仕上げましょう。

8

8

残りもすべて埋め、完全に固まったら丸カンとストラップをつなげて完成です。

おさかなピルケース

おさかなピルケース しっぽが可愛いおちゃめなお魚

Recipe

●ハート型ピルケース(ゴールド)本体 ●大き目スパンコール数枚(サイズに合わせて)※市販
●基本セット
●アクリル絵の具セット ●ハサミ
●スワロフスキー®・クリスタル #2058/#2088
・ホワイトオパール SS5×25粒、SS7×25粒、SS9×20粒、SS12×10粒、SS16×7粒
・サファイヤ    SS5×10粒、SS7×2粒、SS9×5粒、SS12×5粒
・デニムブルー   SS5×12粒、SS7×7粒、SS9×3粒、SS12×2粒
・モンタナ     SS5×14粒、SS7×2粒、SS9×11粒、SS12×3粒
・シトリン     SS7×2粒、SS9×4粒、SS12×3粒
・フューシャ    SS5×2粒、SS7×3粒、SS9×3粒、SS12×2粒
・ローズ      SS7×5粒、SS9×3粒、SS12×5粒
・ライトローズ   SS5×4粒、SS9×2粒、SS12×3粒
・ジェット     SS16×1粒

Miyazaki's comment!

1

1

大き目のスパンコールは、今回しっぽにします。1枚だとしっぽとして面積が足りないので、3枚を重ねて接着剤でくっつけておきます。

2

2

①を三角系に近い形にカットします。

3

3

②をピルケース本体に貼り付けます。

4

4

体の部分に絵の具で下絵を描きます。

5

5

下絵に合わせてデコレーションしていきます。今回は青い縞模様3本を前→後ろにかけて色を濃くしています。(サファイヤ→デニムブルー→モンタナ)、目はジェット一粒で表現します。

6

6

しっぽ部分はランダムグラデーションで散らし、完全に乾いたら完成です。

お昼寝パンダの箸置き

お昼寝パンダの箸置き 気持ち良さそうにお昼寝・・・

Recipe

●箸置き本体 ※市販
●基本セット
●スワロフスキー®・クリスタル #2058/#2088
・クリスタル SS5×100粒、SS7×80粒、SS9×140粒、SS12×146粒、SS16×28粒
・ジェット  SS5×22粒、SS7×35粒、SS9×62粒、SS12×20粒

Miyazaki's comment!

1

1

首のくぼみ部分(谷)を後にすると、先に貼ったストーンの厚みで、くぼみ部分の接着剤がとても塗りづらく、汚しやすくなりますのでくぼみから外へ向けて広げるような順番に埋めていきます。

2

2

首の黒→体を下へ向かってデコレーションしていきます。土台が立体的で、重力でずれやすいのでこまめにチェック、修正していきましょう。

3

3

体が出来たら(できれば完全に乾いてから)頭側もデコレーションします。

北欧テイスト♡カードケース

北欧テイスト♡カードケース 女子の大好きを集めて☆

Recipe

●カードケース レッド
●基本セット
●下絵(ダウンロードはこちら
●手描きの方はアクリル絵の具等、PCから印刷する方はシート等
●油性ペン
●スワロフスキー®・クリスタル #2058/#2088
・ライトシャム   SS5×130粒、SS7×100粒、SS9×80粒、SS12×90粒、SS16×30粒
・ホワイトオパール SS3×10粒、SS5×125粒、SS7×95粒、SS9×40粒、SS12×30粒
・ジェット     SS3×20粒
・イエローオパール SS7×9粒 

Hoshino's comment!

1

1

下絵準備。手描きの方はアクリル絵の具等で描き、PCから印刷する方はシートを貼り余分をカットします。

2

2

今回はオリジナル感を出すため、左下のウサギのみ、顔ナシにしているのでお好みのイニシャルやナンバーを入れましょう。デザイン的にゆるっとした感じの文字も相性がよいので見本はフリーハンドで描いています。

3

3

デコレーションスタート。端から面塗り、ランダム埋めで埋めていきます。顔の中は目だけストーンを入れています。

4

4

お花の中にイエローオパールを1粒ずつ入れるのを忘れずに!細かい部分のサイズ感が分からない場合は仮置きしながら進めましょう。

5

5

全体的にしっかり埋めて完成です。

フレンチブル☆ミラー

フレンチブル☆ミラー ひょっこりコンニチハ!

Recipe

●両面ミラー【ハート】シルバー
●基本セット
●下絵(ダウンロードはこちら
●手描きの方はアクリル絵の具等、PCから印刷する方はシート等
●スワロフスキー®・クリスタル #2058/#2088
・ホワイトオパール   SS3×10粒、SS5×25粒、SS7×20粒、SS9×20粒、SS12×1粒
・ジェット       SS3×15粒、SS5×30粒、SS7×20粒、SS9×25粒、SS12×20粒
・クリスタル      SS3×2粒
・クリスタルAB     SS5×100粒
・パシフィックオパール SS5×35粒、SS7×30粒、SS9×40粒、SS12×40粒
・アクアマリンAB    SS5×25粒、SS7×20粒、SS9×20粒、SS12×15粒

Hoshino's comment!

1

1

下絵準備。手描きの方はアクリル絵の具等で描き、PCから印刷する方はシートを貼りカットします。犬の手が、調度ミラーのまわりの縁にかかるような配置にするのがオススメ。

2

2

デコレーションスタート。端から面塗り、ランダム埋めで進めます。パシフィックオパールよりも少しアクアマリンABが少なくなるような比率のミックスランダムで埋めています。

3

3

犬の部分は準1級、キャラクターミラーの要領で進めましょう。瞳の中の光はクリスタルを使用しています。

4

4

内側がすべてデコレーション出来たら、最後にミラー縁を囲むようにデコレーションし完成です。

CATなUVカットアームカバー

CATなUVカットアームカバー これからの季節の必需品!

Recipe

●UVカット アームカバー ※市販 ●マジカルピック ●三角トレイ ●耐熱シート
●下絵(ダウンロードはこちら 足跡)※あらかじめ印刷しておく
●ホットフィックスアプリケーター ●セロハンテープ ●場合により当て布 ●クッキングシート
●スワロフスキー ホットフィックス #2038/#2078
・クリスタル SS6×170粒、SS10×50粒

Hoshino's comment!

1

1

下絵準備。下絵をコピー用紙にプリントアウトし、アームカバーに収まる大きさにカットします。

2

2

耐熱シートの粘着面を上に(裏返し)した状態で下絵に乗せます。軽くセロハンテープで抑えておくと作業が楽です。マジカルピックで、裏返しの状態のストーンをピックアップし、下絵の通りに並べていきます。

3

3

ストーンの間隔等は1級のホットフィックス課題と同様で。

4

4

肉球デザインの方は、中までランダム埋めのようにして埋めます。並べられたら下絵を外して表から見て絵柄がしっかり分かるチェックしましょう。

5

5

デコレーションスタート。耐熱シートをアームカバーに貼ります。その際に、作業がしやすいようにアームカバーの中に、厚紙にクッキングシートを巻きつけたものを入れています。春夏仕様のアームカバーは薄手のものが多いので、熱で溶けない素材か、裏から接着剤が染み出てこないかを事前に確認しておきましょう。

6

6

アプリケーターで熱圧着し、耐熱シートを剥がして完成です。左右同じデザインにしてみたり、猫の中を全部埋めてもキラキラ感が増すのでお好きにデコレーションを楽しんでみましょう。